淞北台団地の概要

淞北台団地は島根県の県庁所在地松江市の中心市街地にある県庁から北に約2km、松江市役所から北へ2.3kmの丘陵地に位置しています。淞北台団地は、島根県住宅供給公社が開発し昭和42 年より分譲を開始した団地で、県営住宅と戸建住宅地が整備されました。その後、県営住宅の敷地内にあった配水塔の場所に県警官舎が建設され、淞北台団地に隣接してヒルズガーデンが開発されています。なお、県営住宅は建替が予定されており、住み替えや生活利便施設の整備など、県営住宅建替事業との連携を図ります。
現在、団地は開発40年を経過し、入居者の高齢化が進行するなど、様々な団地の課題があります。このため、団地の活性化を目指し、淞北台自治会内に「まちづくり委員会」を設立し、これまで安全・安心や環境美化など様々な活動(エリアマネジメント)を展開しています。

①団地の所在地
島根県松江市淞北台
②位置
島根県の県庁所在地松江市の中心市街地にある県庁から北に約2km、松江市役所から北へ2.3kmの丘陵地に位置している。
③交通
団地の南側に、東西に国道431号、南北に国道485が通っている。山陰本線松江駅や松江市中心市街地からの公共交通手段はバスであるが、本数は15本/日と少ない。

■現在の淞北台(平成27年3月31日現在)

戸建住宅 360戸(ヒルズガーデン33戸含む)
県営住宅 264戸(10棟)
県警官舎 28戸(2棟)
人口 1,321人(ヒルズガーデン含まず)

自治会組織

現在、淞北台自治会が組織されている。これは戸建て住宅地、県営住宅、警察官舎、ヒルズガーデンの世帯を含めた一つの自治会として活動している。また、淞北台自治会内に「まちづくり委員会」があり、安全・安心や環境美化など様々な活動(エリアマネジメント)を展開している。