淞北台団地再生協議会について

淞北台団地再生協議会は「住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業」による既存住宅の流通促進と県営住宅淞北台団地の建替事業が相互の連携により推進することで、魅力ある団地づくりとコミュニティの活性化を通じて団地再生を図ることを目的に設立されました。

淞北台団地再生協議会、構成員

◎島根県住宅供給公社 ◎淞北台団地まちづくり委員会 ◎一般財団法人島根県建築住宅センター ◎株式会社市浦ハウジング&プランニング
◎公益社団法人島根県宅地建物取引業協会 ◎公益社団法人全日本不動産協会島根県本部
(オブザーバー/島根県、松江市)

淞北台団地再生協議会の取り組み

淞北台団地再生協議会2本の柱この協議会は、"団地再生計画"と"既存住宅流通システム構築"の2部門で構成され、それぞれの事業が連携して魅力ある団地づくりとコミュニティの活性化を通して、団地全体の再生プランを検討して提案書を取りまとめます。
団地再生計画では、淞北台団地まちづくり委員会とコーディネーターが連携を図りながら団地全体の再生に向けた計画と共に、県営住宅建替事業への提言をまとめます。
既存住宅流通システム構築事業は、住宅相談窓口の設置、空き家・空き地の流通促進のための登録制度(空き家バンク)を設け、売主・貸主と買主・借主とのマッチングを図ります。空き家等のインスペクション(住宅検査)、リフォーム補助事業を展開し、モデル住宅の公開も計画しています(平成26年度実施)。

淞北台団地再生事業